×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









痛みが無いのは嘘だわ

今私の自由を奪うこの鎖に鈍い痛みを覚えた

それでも私の顔は歪まない

俯いている私からも

そして貴方からも

お互いの表情を読むのは容易じゃないでしょうけど









「フォーチューンよ、命乞いでもすれば

気まぐれに助けてやらんでもないぞ?」

その声は何処までも傲慢で

何処まで自身の勝利を疑わない色を含んでいた

揺れる肩からジグムントはフォーチューンが

苦しそうにその体制に耐えているのだと思ったのだ

今や破損した腕はその形をデータとして再構築する事は難しく

残された腕も重い鎖に絡め取られ

データの改算が行われている

地に膝を付きこれ以上の抵抗が出来る様子など

確立を算出するまでもないのだろう

ジグムントは恍惚とした表情でソレを見下した

簪の落ちた髪が綺麗に靡いた

その瞬間彼女の表情は

誰の予想も期待も裏切って


ただ美しく笑みを浮かべるのだった

「この腕が欲しいならあげましょう」

厭に耳に残るその声

「それでも貴方は私に消滅を送り込めない」












完全にその腕が消える瞬間

美しい翼が見えたのは夢か幻か

最後の顔が記憶に張り付いて消えそうにも無い

最後に聞いた言葉も忘れられそうにも無い

追い詰められた獲物の最後の足掻きを見せてくれ

 

 

 

−−−−−−−揺れた肩は笑いを堪える仕草