×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フォーチューン

なるようにしかならない?いいえ。私が運命を回してみせる。

 

日記でもちょっぴり触れましたが、キリスト教徒が書いた「神曲」では、運命の輪を回す女神は
神から聖別され、好きなように世俗の栄光をあっちゃこっちゃに回して
「あー見て見て!あの貴族さんこんなになっちゃったーvv」
「わぁ、没落ー」
と天使と騒いでいるような女らしいです。(半分以上妄想やろ)
ま、厳密に言うとそちらは「Fortune(フォーチュン)」で、棒が一本足りないわけですが、
チュン、よりチューン、のほうがロボットっぽいし、何より
末広がりです。
100円より88円の方が縁起が良いというレベルのネーミングです。
確か焼き蕎麦なんかが88円で昔コナン時間帯にCMをやっていて…
縁起って大事ですよ。多分。

…何の話してたんだっけ。
ああ、そうだ、今までの話、ネーミングに対しては総て捏造です。
本当は「幸運」という意味でした。(その割には不幸だけど)で、私がずっと間違えてフォーチューンと
呼んでいたのが元ネタです。財産とか女神とかは後から得ていった知識でした。
ってか女神ってのは友人に言われるまで知りませんでした。
でも運命回すほどの力は勿論無いので、彼女はいつもあっぷあっぷして名前負けだけはしないよう
必死なんですよ。きっと。溺れる前に釣ってやって下さい。主人公ズ。マグロよりはきっと軽いよ。
(っていうか一本釣り限定なんですか。はえなわとか網とかは無しなんですか。微妙に下ネタと違いますか)

こんだけ偉い解説をつけましたが。
横の文字は「ナスがままに」なんですね。(笑)忘れてた。